2010年10月09日

G級ティガvsガンランス

今年の夏に始めた友人kino君がG級ティガ相手に苦戦気味なようなのでちと自分でもやってみた。
まず上位ティガで体術+1とガード性能+1のどっちが良いかを試してみる。
ガード性能の方が良さげ。
なのでガード性能+1を付けてG級ティガは『絶対強者』へ。装備
・電銃槍フルボルト
・グラビドSヘルム(匠珠 * 2)
・ギザミZメイル(匠珠、斬鉄珠)
・金剛・覇【篭手】(匠珠)
・ギザミZフォールド(鉄壁珠)
・ギザミZグリーヴ(斬鉄珠 * 2)

スキル
・斬れ味レベル+1
・業物
・ガード性能+1
・防御-20

基本的にはギザミZ一式+ガード性能で良いんですが、少しでも防御のマイナスを消す為に一部装備を変更してみた構成。
龍耐性-4になりますが、他の4属性のマイナスは無いし、武器スロットも不要なので結構汎用的です。
格好もそんなに悪くないかと。
男性キャラでどうなるかは知りませんが。
もう少し構成を煮詰めたら防御マイナスも消えそうかも。

基本戦術。
位置取りは左前脚の前。定石。
腹の下は振り向きでこかされない事以外にメリットが無い上に、慣れないと回転攻撃でめくられるのでお奨めしません。
ソロの時は特に。
オトモも走り回られて無駄に時間が掛かるだけなので連れて行きません。

主な攻撃は回転攻撃の終わり、岩飛ばし、咆哮ガード後、振り向きなどに合わせて頭狙い。
頭はコンボ2セットくらいで怯む感じなので、怯んだらすかさず距離を詰めて再び頭に攻撃を加えるべし。
突進はガードした後に狙えるなら尻尾にガード突き。尻尾切りたい人向け。
噛み付きは1回か2回かがうまく見切れないので無理せずガード。
見切れるなら適当に攻撃加えて下さい。
2回飛び掛りを行った後は威嚇確定なので後脚でダウン狙いか尻尾切り。
砲撃は威嚇時若しくはダウン時のコンボ連携専用で良いです。
他に立ち止まって4発以上入れるような隙も無いですし。
壁噛み付きの時はまた別ですが、壁噛み付き誘発は詰まらんので自分はやりません。

フルボルトは紫が長いので、砲撃は未使用で全く問題無し。
浪漫砲や閃光玉、罠の使用はお好みでどうぞ。
今回は未使用の完全ガチ勝負。

結果。
1死24分で討伐。
使った砥石は1つ。
タイミングしくじって痛い攻撃食らったりしなければ、20分は普通に切れそうです。
立ち回りで更に数分短縮出来るとして、そこから先は行動の見切りと攻撃の当て方でどこまで詰められるか、ってところで。
posted by ちはやふづき at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | MHP2G
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41190304
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック